移動平均線をつかったチャート分析方法グランビルの法則

以前解説した移動平均線をつかったチャート分析に「グランビルの法則」というものがあります。50年ほど前の1960年代にアメリカの投資分析家のジョゼフ・グランビルさんが発表したもので、株をはじめFXのチャート分析テクニックの基本として長く親しまれています。

グランビルの法則とは

移動平均線と為替相場の相関関係により売買のポイントを決めるチャート分析方法です。
買いと売りのポイントがそれぞれ4ポイントずつあり、計8パターンで売買することができます。日足チャートだと、5日線や25日線を使うのがよさそうです。

グランビルの法則 買いの4ポイント

ランビルの法則 買いの5ポイント

1. 移動平均線が上向きの時に価格が上昇して越えていく

2. 価格が一度下落してその後持ち直して越えていく

3. 移動平均線が上向き時に価格が下落するが交差せず再び上昇する

4. 移動平均線下向きの時に価格との乖離が大きい時

グランビルの法則 売りの4ポイント

ランビルの法則 売りの5ポイント

5. 移動平均線が上向き時に価格がさらに上にあり乖離している時

6. 移動平均線が下向きの時に価格がさらに下落して越えていく

7. 価格が一度上昇するがその後 下落して価格を越えていく

8. 移動平均線が下向きの時に価格が交差せず再び下落する


移動平均線を使った取引のタイミングパターンとして覚えておいて損はなさそうですね。。
しかしグランビルの法則はチャート分析の基本として多くの投資家に知られてかなりの年月がたつため「グランビルの法則」通りに動く投資家を狙うような(逆の値動きを促そうとする)ヘッジファンドによる値動き操作もあるようです。そのへんも踏まえつつ、チャートを確認して実践で学んでいきましょう。

  ,