FX僕らの真実 原油価格の変動要因

最近テレビでよく目にする「原油価格下落」の文字。
原油依存のロシア/プーチン大統領は悲鳴をあげ、 OPEC産油国もみんな悲鳴をあげ、
よろこんでいるのはあの国だけです・・・

核心に迫る前にまず、なんで原油価格が下落しているのかを解説しましょう。
おえてほしいのはこの2点。

1.需要の鈍化

欧州の景気低迷+中国など新興国の景気の減速しているため、そもそも原油需要がさがっているという説

2.代替エネルギー「シェールガス」

FX僕らの真実 原油価格の変動要因

米国産が主流のシェールガスの生産量が急増しヤバイことになっており、その煽りで原油供給過剰となり、価格が下落。
ちなみに、、今や、米国のエネルギー算出(シェールガス)は世界レベルのエネルギー生産量の15%を占める。 やばっ



このような環境下であれば、石油産油国連合OPECにて原油の減産調整をすればよかったのですが、2014年11月のOPEC総会でまさかの見送られる、オイ!
そして、ここから原油価格の下落は始まったのです~~

原油価格の下落は始まったのです

なぜOPECは減産しないのか?

だって、減産すれば供給過剰にならずに原油価格は維持できるじゃない?
なんで?なんで?
今考えられているのは次の2つの理由

1.減産したとしても米国は継続算出するので、エネルギー算出シェアの世界体制図が大きくかわってしまう

2.減産しない場合、非OPEC産出国(ロシアなど)も苦しいわけで、我慢比べに持ち込んでOPEC勝利を狙う

ここで気づきましたか?

エネルギーを抑えるために戦争を仕掛け続けてきたアメリカが、もう既に自前エネルギーで世界を制しているのです!

そうです! アメリカです。

エネルギーを抑えるために戦争を仕掛け続けてきたアメリカが、もう既に自前エネルギーで世界を制しているのです! エネルギーでも制したアメリカは文字通り覇権獲得ですね。。もうやりたい放題ですよ、ホントに。。

世界経済を不景気に陥れたければ・・・
 →シェールガス量産し、産油国経済をボロボロに、産油国通貨が叩き売られます
世界経済を景気方法い持って行きたければ・・・・
 →シェールガスを減産し、産油国の経済を元気にさせ、産油国通貨に価値がでます



あ~あ、もうアメリカ人になっちゃおうかな~