パワーポイントで出世したIT部長によるFX解説

【完全主観】どうやら中東紛争から 円高/ドル安の流れになりそう!

サウジアラビアとイランとの間で遂に争いが起き始めました。
この事実をFXプレイヤーはどう考えれば、これについて、根拠なし、完全主観で説明します。

まずは事実関係から・・・・

  スンニ派 シーア派
全体比率(イスラム教) 90% 10%
盟主 サウジアラビア イラン
その他 他多く イラク、シリアちょっと
礼拝スタイル 5回/日 3回/日

スンニ派はイスラム教の全体比率 90%なんですね…

で何で対立しているのか?要はこの2点らしいです@

□ムハンマドの後継者が誰なのか?という点で対立・食い違いが起きている

□シーア派が居住する土地には石油が豊富である

で、これがFX取引、とくに米ドル/円にどう影響するかですよね?

色々とありますが、私の仮説としては・・・

①シーア派とスンニ派で仲悪くなると中東紛争懸念が勃発

②原油価格に影響を与えると思いきや、最近の原油価格は米国金融政策&米国産シェールガス産出の影響の方が受けやすい。むしろ、世界経済全体への不安が発生

③投資家マネーはリスク回避としてわれわれ「円」に来る

④よって、円高/ドル安の傾向が高い

とみます。 *あんまり短期で考えず、今だったら、110円ぐらいまでは行く!と決めて、じっと待ちましょう!